よくある質問

よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問をまとめています。
ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

ECOS エコスオーガニックペイント全般について

APP エアピュアペイントについて

CBP チョークボードペイントについて

エコスオーガニックペイントは本当にVOCゼロです!VOCは基準値以下だとVOCゼロと記載でき ることがあります。

エコスはシックハウスに悩む化学者二人が6年をかけて研究開発した塗料で、無害であることに 徹底的に拘っています。

建築基準法で定められた基準のフォースターを安全だと勧められて困っている方からの相談も多く寄せられております。過敏症のようになると微量でも体調に影響が出てしまいます。不安な方はサンプルを送りますのでお試しください。

10ミリの塗料サンプルを無料で送っています。A4程度に塗装出来ますので実際に使って見てく ださい。エアピュアペイント無料色見本よりお申し込みください。 そのほかの塗料等のご希望はお電話ください。一般的な塗料の有害物質は塗装されてから乾燥するまでの数日から1ヶ月間かけて揮発します。 実際に塗料を塗装、乾燥させてみることでご自身に影響がないかご確認いただけます。 今まで多くの方にお試しいただき、その後お部屋に塗装していただいています。

エコス独自の特殊な技術で水を処理することで防カビを実現しています。 エコスオーガニックペイントは抗菌剤、抗菌薬を一切使っていません。農薬や除草剤を使った原 材料も使用しておりません。

一般的な水性塗料同様、ローラー塗装でDIY出来ます。エアピュアペイントは塗装しやすいカ ラーが揃っていますので初心者の方でも成功しやすく、実際多くののお客様はDIYで綺麗に仕上がっ たと言っています。

手順 1 家具の移動&マスキング
2 プライマーを下塗り(状況により省略可)
3 エアピュアペイントを2度塗り
4 完全に乾く前にマスキングをはずす。24時間経ってから家具を壁につけてください。 6畳程度の部屋であれば朝からの作業1日で終わります。ぜひお天気のよい日に計画してください!

出来ます。

チョークボードにする場合はECOSユニバーサルプライマーを下地塗装し吸込みを止めると、耐久性も上がり仕上 りの良いチョークボードになります。石膏ボードの有害物質が気になる場合はECOSエアピュアプライマーを使うと有害 物質を99%中和させる事が出来ます。下地はECOSエアピュアプライマーのみで大丈夫です。 《注意点》塗装で石膏ボードの強度は変わりません。硬い物をぶつけるとへこみ易い性質はそのままです。 《注意点》石膏ボードの表面は紙なので、書き消しして擦っているうちに紙が劣化する恐れがあります。使用頻度の高い 黒板にされる場合はご注意下さい。

パテで繋いだり、ビス頭を埋めた場合
下地塗装をして吸い込みを止めておきます。
パテ部分と石膏ボードの部分では、吸い込みが異なるため直塗するとムラになることがあります。一般にはパテ部分は吸い込みが大きいので色が濃く出ます。

木材全般に塗装出来ます。

チョークボードの場合は木目の細かい平滑な物をお勧めします。ラワンベニヤよりシナベニヤ、シナベニヤよりMDFといった具合です。
ベニヤ塗装の下準備は、約50度のお湯を刷毛で板に塗って乾燥させ(木の繊維を立たせ)240番のサンドペーパーを逆目 にかけて表面を整えます。(木の繊維を取り除く)その後ECOSユニバーサルプライマーで下地塗装(アク止、吸込み 止)をお勧めします。ラフな仕上りのお好みや木材の状態により直接塗装でもそれなりに黒板になります。 ベニヤ板の有害物質が気になる場合はECOSエアピュアプライマーを使うと有害物質を99%中和させる事が出来ます。木材表面を整え、吸い込みどめやアクどめ機能もありますので下地はECOSエアピュアプライマーのみで下地は完了です。 ユニバーサルプライマーと両方使う必要はありません。

一般的なビニールクロスに直接塗装出来ます。

油分や汚れを落としてから塗装して下さい。中性洗剤でしっかり油分を落とすことをお勧めします。
それでも汚れが残るクロスにはECOSユニバーサルプライマーを下地塗装して下さい。時間の経過による汚れ浮きを防ぎます。防汚加工のされたクロスは塗料を弾きますので塗装出来ません。

チョークボードペイントの場合の注意点

●和紙のクロスや紙の襖などはお薦めしません。
●クロスの凹凸はそのまま拾いますので凸凹の黒板が出来ます。それなりにチョークでかき消し出来ます。

シリコンとの密着にはパテ処理専用のプライマーを使って下さい。

パテは多種の化学物質が含まれているものが多く、その一部が反応し、塗膜がひび割れたり、剥がれる等上手く塗装出 来ない事があります。このリスクを避ける為にECOSオーガニックフィラーシーラーを使って下さい。 水性塗料が塗装できるパテを使った場合は必要無く、ユニバーサルプライマーが使えます。 フィラーシーラを全面に下地塗装も可能。パテと塗料の密着を高めると同時に木材や石膏ボードの表面を整える事も出 来ます。

一般的な環境で約3〜5年ほどです。 モレキュラーシーブが飽和状態になり効果がなくなった場合は、上塗りすることで再び効果が復 活します。

エアピュアプライマー で有害物質を閉じ込められます。

●ホームセンター等で購入した塗料の匂い
●押し入れやクローゼットの匂い
●新しい家具(収納棚など)
●引き出しの中の匂い
●リフォームした壁 など

原因となるものをエアピュアプライマーで覆って塗装することで、
空気中に出さないようにしてくれます。
下地材ですが、白い塗装でよければ上塗りしなくても問題ありません。

平滑で硬い素材に塗装すると黒板としてより使い易くなります。

良く使われるベニヤ板を例に上げると、ラワンよりシナが表面が平滑でお薦めです。平滑で硬いものをお選び下さい。

凸凹や継ぎ目が気になるようでしたら平滑にした方が使い易い黒板になります。

ベニヤや石膏ボードを繋いだ場合やビスを打った所はパテ処理した方が滑らかになり、吸い込み具合の違いによる色ム ラも防げます。パテをよく乾かした後に塗装して下さい。水性塗料が塗装出来るパテを使ってください。粉末状パテ 「ECOSオーガニックフィラー」も販売しています。

塗装できます。

水性塗料、油性塗料どちらでも完全に乾いた塗装の上であれば、ECOSオーガニックチョークボードペイントを直接塗装 出来ます。油分や埃等の汚れはきれいにしてから塗装して下さい。汚れがひどい場合はユニバーサルプライマーを下塗り すると汚れ浮きが防げます。

下地(プライマー)塗装やサンディングすることで可能です。

よくお問い合わせ頂くのは冷蔵庫や建具、キッチンの棚扉などです。多くの場合、汚れにくいように表面が防汚加工されていますので、サンドペーパーで表面をしっかり粗し、ユニバーサルプライマーを下地塗装してからペイントして下さい。

エコス同士を混ぜ合わせてお好みの色に調色出来ます。
他社の塗料と混ぜるのは避けてください。反応して変質します。
10mlサンプル3色550円(送料込)をご利用いただき、事前にお好みの色が作れるかお試しください。
調色する際は必要量を一度に作ってください。完全に同じ色を作るのは難しいです。

マグネットの付く物に塗装して下さい。
良く使われているものの例です。

●鉄板 ECOSユニバーサルプライマーで下地塗装。錆止め効果もあります。事前に300番前後のサンドペーパーで表面を 粗すのもお薦め。 サンドペーパーで表面を粗す→ユニバーサルプライマーを下塗り(1度塗り)→チョークボードペイント(2度塗り)

●マグネットクロス 各クロスメーカーよりマグネットの付くクロス(壁紙)が出ています。マグネットクロスに直接も しくはユニバーサルプライマーを下塗り後塗装します。数種の柄(凹凸)がありますので平滑な模様をお勧めします。

●マグネットペイント 当店でも販売しているマグネットボードが出来る塗料(水性塗料)です。 オーガニックではありませんが低VOCでフォースター取得製品です。 およそ3~4度塗りでの仕上げです。使用用途により塗装量、塗装回数を決めて下さい。鉄粉の入った塗料でざらつきの ある表面になりやすいので、平滑な仕上げをするのがコツです。説明書にあるように、コテ仕上げやゴムベラ仕上げが有 効です。マグペイント塗装面は塗料の吸いが良いため、プライマーで吸いを止めてからチョークボードペイントを塗装し て下さい。マグペイントは濃いグレーなので、プライマーを入れる事でチョークボードの発色が良くなる効果もあります。

マグペイントを良く乾かしてからの塗装になりますので2日以上日程を見ておいて下さい。 プライマー(マグペイント用に1度塗)→マグペイント×必要回数→(ここで1晩おくと良いです)プライマー(チョー クボードペイント用に1~2度。白い塗膜になるのが目安)→チョークボードペイント(2度塗り)

●ホワイトボード サンドペーパーで粗し、ユニバーサルプライマーを下塗塗装してチョークボードペイントを塗装。

いわゆる普通のチョークの使用が可能です。塗装の状態や、チョークの色等により消し難いものもありますので目立た ない所で試してからお使い下さい。跡が残ったり粉が多い場合は水ぶきして下さい。塗装乾燥後はスポンジ等で擦った り住居用洗剤を使ってきれいにすることも出来ます。 ダストレスチョークの白は使用可能です。ダストレスチョークの色付きチョークは色により消えにくいようです。

ペンタイプのもので書くことは出来ます。水拭きで消えますが、長期間書いたままだとインクが染み込んで残りやすくなります。その際はメラミンスポンジなどで擦ると綺麗になるようです。

クレヨンやマジックで書いてしまった場合などは中性洗剤を使ってお掃除してください。それでも消えない場合は残った塗料でタッチアップしてください。

使えます。

屋外でもご利用いただけます。水洗いも可能です。(水につかっぱなしは不可)看板等、屋外でご利用ください。 塗装する素材が屋外に置いて置く事により劣化すると塗膜の劣化が早まります。長持ちさせたい場合は塗装素材、状態 を選んでください。

エコスの下地が使えます。

新しい石膏ボードやベニヤ板の場合は有害物質を閉じ込めてくれる
エアピュアプライマー  がお勧めです。

既存の建材、壁の場合は
ユニバーサルプライマー  がお勧めです。