エコスオーガニックペイントで予防する化学物質過敏症

シックハウス症候群と化学物質過敏症

一般的な工務店などの安全対策は化学物質に敏感な方にも有効なのでしょうか?家の建材や家具からの有害物質が原因で起こる体調不良をシックハウスと言います。症状はさまざまで気分が悪くなったり、頭痛、吐き気、だるさが続くなど本当に人それぞれですが自律神経の乱れが起こっていると言われています。また個人差も大きく同じ空間にいても平気な人もいて、家族間でも大きな差があり原因の特定に時間がかかることもあるようです。 シックハウスの場合は家に居る時に症状が出ます。外にいたり別の建物にいる場合は体調が改善します。家(室内環境)に原因があるからです。 現在は建築基準法でシックハウス対策が義務付けられています。 クロルピリホスの使用禁止 ホルムアルデヒドの使用量の制限 換気設備の義務付け これは有害物質の量をコントロールするための措置です。 室内でクロルピリポスが無いように、ホルムアルデヒドの量が過剰にならないように規制があります。 ホルムアルデヒドは有害物質として規制されている物質ですが、 天然の無垢材にも含まれている物質です。杉やひのきのタンスで着物をしまっていると防虫効果があるのはホルムアルデヒドのおかげです。 少量であれば私たちの暮らしを助けてくれるものでもあるのです。 有害物質の量をコントロールして、健康被害が起きないように出来るのがシックハウスと言えます。 それに対して化学物質過敏症の場合は量のコントロールで必ずしも体調が改善しません。過敏症と言われる状態は体内の許容量を超えてしまっているため微量でも反応してしまいアレルギー症状をおこします。この症状も個人差が大きく症状が様々で決まったものでは無いため家族からも気持ちの問題だ、などと言われて苦しむ方が多いのです。 この過敏症の方は家だけでなく、他人の使っている柔軟剤やご近所のシロアリ駆除、ホームセンターやドラッグストアなど様々な場所で体調不良が起こります。 化学物質過敏症の症状の方が自分は敏感だな、リフォーム時や引っ越し時に気をつけたほうがいいな、と思って工務店の方や業者さんにお話をされても、理解されないことも多いようです。 上記のシックハウス対策で有害物質の量は安全基準をクリアしている、と理解しているからです。敏感な方は残念ながらシックハウス対策では不十分です。 この点を業者さんに理解してもらうのが大事です。 事前に敏感なので安全性の高いものを使うようにお願いしておいたけど、 業者さんの使った建材はフォースター(シックハウスの安全基準をクリアしている)だった。つまり過敏症症状には安全ではなかった、となります。 そして法律で定められた基準をクリアしているので裁判に持ち込んでも勝てなかったとも聞きます。 過敏症は発症しないよう予防が大事です。 これはシックハウス対策とも共通点が多くあります。 おうちの有害物質を減らす工夫をするお手伝をしますので、どうぞご相談ください。 過敏症予防は大きく分けて2つの分野でできます。 1つ目は家の有害物質を減らして快適で健康的な住宅を作ること。 特に滞在時間の長い寝室や居間に注意してください。換気をすることや有害物質の多い家具やラグを持ち込まないようにしましょう。 2つ目は日常生活で注意。 身近なものでは香料の入ったものを避けることでできます。特に衣類に使う洗剤や柔軟剤には気をつけましょう。衣類は広範囲で肌に触れるので経皮吸収されやすいことと、体温で温められると化学物質の揮発が促され呼吸時に体内へ取り入れられてしまい、体内蓄積しやすいのです。 匂いがきついなぁと思うものは洗剤や家具など何にしろ、注意してください。 厚生労働省の発表しているシックハウス対策ははこちら エコスオーガニックペイントで予防する化学物質過敏症

Read More

オーガニックペイントとは

オーガニックペイントって何? 抗菌剤、抗菌薬を一切含まないペイントをそう呼んでいます オーガニック野菜、オーガニックコットンなど、オーガニックという言葉に馴染みはあると思いますが、一体オーガニックペイントって何でしょう?エコスペイントの創立されたイギリスではもうすでに馴染みのある用語として使われています。 エコスオーガニックペイントは一般的なペイントでは大抵使用されているQuaternary Ammonium (第四アンモニウム) やTriclosan (トリクロサン) などの抗菌薬を一切使用していない、オーガニックペイントです。それゆえ誤って口に入れてしまっても安全なのです。抗菌剤や抗菌薬、防腐剤を含まないので腐ります。室温5度から35度で保管し、早めに使ってください。不純物が入ると腐りやすくなりますので、水やホコリが入らないように注意。使う分をペイントトレーなどに出して余った塗料は戻さないようにしてください。日本で販売している塗料はアメリカノースカロライナの製造工場より空輸しています。長く在庫をしないように最小限の在庫にしていますので広範囲塗装ご注文時は事前の在庫問い合わせをお勧めしています。ナチュラルペイントは天然素材からできたもので自然塗料と呼ばれることもあります。天然のものからできているから”安全”、”身体にいい”と思われがちですが、必ずしもそうとも限りません。 例えば、露天堀りで鉱石や鉱物を取り出したり微粒子にしたりするのは自然破壊や環境問題にもなります。鉱物や石によってはは有害物質や放射能が含まれているものもあります。天然由来の顔料には有害物質や有毒性のものも多々あるのです。 ECOSのオーガニックペイントは有害物質の含まれる天然素材や自然素材は使用せず、無害で安全な素材のみ使用しています。抗菌剤、抗菌薬を一切含まないオーガニックペイントです。VOC(揮発性有機化合物)とは大気中に容易に揮発する有機化学物質の総称で、環境中へ放出されることにより公害、大気汚染などの健康被害を起こす可能性のあるもの。 消費者は出来るだけVOC含有量の低いものを使用したいでしょう。確かにその量が低ければ低いほどより安全には間違いありませんが、何が入っているかにも要注意です。入っている物質によっては量が少なくても影響が大きいものもあります。人によってはラテックス、またはメチルイソチアゾリノンどちらかだけにアレルギー反応を起こすかもしれません。低VOCと書いてあってもそれが安全とは限らないのです。日本では塗料製品中のVOC成分含有量が重量30%以下に低VOC塗料(溶剤系)と表示。ちなみに米国EPAでは5g/L以下のVOC商品は”ゼロ”VOCと表示可となっていますが、エコスのオーガニックペイントは0%も有害物質を含まない完全ゼロVOCです。VOC、有害物質OであるECOSのオーガニックペイントの使用場所をいくつかご紹介します。 ルーブル美術館:フランスの世界屈指の美術館。美術品や絵画などが痛まないように有害物質が一切放出されないECOSオーガニックペイントを塗装されています。木製のディスプレイキャビネットから放出されるフミン酸などのVOCを減少させるため、エアピュアプライマー、エアピュアペイントを使用しています。 ロンドンオリンピック村:2012年に開催されたロンドンオリンピック村の選手、関係者が滞在された宿泊施設でも使用。 特に大きな場所での施行中の匂いや健康リスクを最小限に抑制できるため安心です。 大英博物館:ロンドンにある世界最大の博物館のひとつ。ルーブル美術館同様、所蔵品に害を与えないようECOSオーガニックペイントを使用しています。 創立者が化学物質過敏症でもあり、無害の塗料開発にこだわったイギリスのECOSならではですね!

Read More

室内の空気清浄とシックハウス予防

グリーンエレファントではアレルギーや化学物質過敏症でも使えるエコスオーガニックの室内ペイントを販売しています。有害物質が一切入っていないオーガニックなので、もし赤ちゃんや子供がもしなめてしまっても安全、家族でDIYするにはぴったりなペイントです。今までも化学物質やアレルギーに敏感なお客様から普通の塗料は使えないけどこれはほんとうに匂いがないの?有害物質やVOCはほんとうに全く入っていないの?などの塗料としての問い合わせは多く、必要としているお客様にはこのペイントを塗って本当によかった!という嬉しい声をよく頂きます。 そういうこともあり、去年みんなのアレルギーEXPO2018の展示会には有害物質の全く入っていない塗料をより多くの方に知って頂きたくて参加を決めました。実際アレルギーエキスポで塗料商品のブースは珍しいので(食べ物のブースが一番多いです)ラジオで紹介頂きたり、色々なお客様に見てもらい、話すことができました。そこで気付いた事ですが、食べ物や身につけるものはオーガニックや化学物質などを気にしているけれど空気中の有害物質は気にしたことがなかった!という声です。私自身も以前はあまり気にしたことがなく室内の空気環境でシックハウス症候群になったり、化学物質過敏症やアレルギーになる可能性があるとは知りませんでした。 そこで詳しく知識を深めるためにシックハウス診断士の資格を取ろう!と思ったわけです。シックハウス症候群はその場所にいると理由がわからず頭や目が痛い、などの体の不調、アレルギー反応が出てしまう健康障害です。主な理由に室内の建材や家具などから発揮するVOCなどの化学物質が原因とされています。一度発症したら完治するのは難しいのでそれらの化学物質を避けて生活する事になります。 ということは、シックハウス症候群にならないような暮らしができたらそれがいいのですが、全く化学物質に触れない暮らしというのは正直難しいです。家庭で使用する洗剤、柔軟剤、新しい家具、カーペット、柔軟剤、建材、ダニ、カビ、、、、あるとあらゆるところにVOCの原因はあります。室内の空気の方が外の空気よりも汚れていると言われるのはそのためなのです。 部屋の空気を綺麗にする方法はいくつかあります。先ずは部屋の空気の換気で綺麗な空気を取り入れることが大事です。そして空気清浄機や空気清浄ペイントです。空気清浄機は色々な電化製品のメーカーが出ているのでご存知かと思います。空気清浄ペイントはグリーンエレファントで販売しているエコスオーガニックペイントのエアピュアペイントがあります。エアピュアペイントは空気中の化学物質(ホルムアルデヒドなど)を吸着して中和される機能がある室内塗料です。簡単にセルフでペイントできるので一日〜2日あれば部屋の塗装ができ、色も気分によって変えることが可能です。体内に取り入れる食べ物は2キロに比べ空気は20キロとも言われます。出来るだけ悪いものを体内に取り込まないように室内空気の換気、そして室内清浄ペイントなどを取り入れてシックハウス予防、アレルギーを引き起こさない環境作りを応援していきたいと思っています。 #エコスオーガニックペイント #エアピュアペイント #DIY

Read More

黒板塗料の下地はどうしたらいいのか?

黒板塗料、チョークボードペイントはいろんなメーカーが出していて今では手軽に黒板を作る方も多いと思います。私たちグリーンエレファントが取り扱っている「エコスオーガニックチョークボードペイント」は完全無害でお子さんのいらっしゃる家庭に人気ですが、プロユースも多いのです。プロの方は仕上げが早い、塗りムラになりにくく乾きやすい黒板塗料としてエコスを選んでいただいています。個人宅はもちろん、オフィス、店舗、公共施設、商業施設などで仕上げに加え、黒板としての使いやすさが求められます。そんな塗装のプロ、職人さんたちはどんな下地処理をして黒板塗料を仕上げるのでしょうか?実は「塗装は下地で決まる」ので職人さんは下地の素材選択も大事にされます。黒板としての使用感は「平滑で硬い」ものがよくふわふわしたのもは書き心地がイマイチですしザラザラ、でこぼこしているとチョークがガタガタで黒板消しで消しても粉がへこみに入り込んでしまいます。新しく壁を貼れる場合に一番多く採用されるのは「シナベニヤ」です。安価で手に入りやすく、木目が細かく平滑で硬さも十分です。 シナベニヤ(木材・合板)に黒板塗装の下地 ①木目に水分(50度のお湯が最適)を含ませます。刷毛で木目に沿って濡らすとベストですが、濡れタオルで拭いてもOK!水分を含んだ際に細かい木の繊維が立ち上がってきますので自然乾燥後、 ②木目に逆らって240番程度のサンドペーパーをかけます。板を繋いで広い面積を施工する場合はビス頭と継ぎ目にパテを施します。完全無害のエコスオーガニックフィラー(パテ)もしくは水性塗料が塗装できるパテを使ってください。 その後、吸い込みどめとアクどめのために④下地材を塗ります。万能タイプのエコスユニバーサルプライマー やベニヤ板からの有害物質を室内に出ないようにする エコスエアピュアプライマーをお使いください。これで下地は整いました!あとは黒板塗料を塗装するだけです。 https://youtu.be/iYrLRatpyLw 石膏ボードに塗装 より良い仕上げにはプライマーでの下塗り推奨。吸い込みを止める。パテで繋いだ場合は吸い込み止めのために下地塗装する。 鋼板に塗装 錆、油分、汚れを落とし錆止め塗装後に塗装。エコスユニバーサルプ ライマーでの錆止めを推奨。 既存の塗装 エコスは油性塗料、水性塗料の塗膜には直接塗装が可能。中性洗剤を使って表面の油分や汚れを取り除いておく。ただし古い塗装で汚れがある場合は目荒らし後エコスユニバーサルプライマーを下塗りして汚れ浮きを防ぐ。 事前準備は面倒だったり、コストが追加されるので「無くてもいいかな、、、」という方が多く手軽にラフな仕上がりでもOK!というのが黒板塗料の味であり面白さなので下地処理は無くても良いのです。 耐久性、仕上がり、黒板としての使いやすさを求めるならば下地作りは必須です。どんな黒板にしたいかで検討してみてくださいね! グリーンエレファントでは下地づくりのご相談も受けております。お気軽にご連絡いただければ具体的にご希望を伺ってご提案いたします。 下地塗装

Read More

和室をDIYペイント

最近実家の和室の壁が汚いからどうにかして! と頼まれて、 ここぞとばかりにECOSオーガニックペイントの エアピュアペイントを塗ってきました エアピュアペイントは空気中の有害物質などのVOCを吸着して綺麗な空気にする、なんと空気洗浄機能を持ったペイントなんです。 アレルギーもちの家人には 喘息を引き起こす可能性のある有害物質やホルムアルデヒドは大敵、普段からせっせと掃除機かけたり空気洗浄機を付けるようにはしています。 和室は砂壁壁あり、壁紙あり、という状態。。。 もちろん素人が綺麗に剥がすのは至難の技だし、 早急に綺麗にしたかったので人を頼むのも時間がない。で、私に振ってきました 丁度畳を新しくしたので余計に汚い壁が気になったようです。 という事で、週末かけてペイントしてきました。 家具の跡や汚れては濡れ布巾で出来るだけ綺麗にして その後養生です。 この準備がしっかり出来れば塗るだけなのですが 以外と時間がかかるんですよね!! やはり上の方や天井は脚立がないと絶対に上手くいきません! 初日は養生のみ 2日目にオーガニックプライマーで下地塗り 3日目午前中にペイント、午後二度目のペイント というゆったりスケジュールでおこないました。 プライマー塗ったとこ。 けっこう吸ってしまい だいぶまだら! 二度目のペイントでようやく むら感がなくなりました。 色はホワイトにしたので 前とは感じがだいぶ変わりフレッシュな感じと 生まれ変わりました!! エコスのオーガニックペイントは もちろん無臭だし有害物質は全くのゼロだから 目が痛くなったりなんて事はありえません! (以前マンションの外壁塗り替え塗装が臭くて臭くて気持ち悪くて頭痛になった経験あり) 家の中で快適に過ごせるって大事だと思います。 せっかくのDIYでもリフォームでも楽しみながら 快適空間を作りあげていけたらなーと思ってます HAPPY PAINTING  

Read More

コスモプラネタリウム渋谷のチョークボード 108クリーク 「宙(そら)の学校」

チョークボードペイントの施工例を送っていただきました! お電話で何度か塗装手順をお問い合わせ頂いて、 プラネタリウムでセルフペイントをする、とのお話。 どんなチョークボードになるのかな〜?と思っていたら 嬉しいことに写真を送っていただきました! ファイルを開いて思わず「すごい〜!」と言ってしまいました。 セルフペイントですよ。綺麗に仕上がっていて感動しました。 108クリークの深い青が夜空に見えて 街並みの白いイラストも星座も素敵ですよね。 このチョークボードを作ってくださった 宙の学校では夏の期間石垣島で出張プラネタリウムだそうです。 https://www.soranogakko.com/ 石垣島もプラネタリウムも行きたい! エコスオーガニックペイントのグリーンエレファント http://www.greenelephantco.com/

Read More

オーガニックペイントジャーナル 5月号 ゼロVOC  & 低VOC  

ゼロVOC  & 低VOC  VOC(揮発性有機化合物)とは大気中に容易に揮発する有機化学物質の総称で、環境中へ放出されることにより公害、大気汚染などの健康被害を起こす可能性のあるもの。 消費者は出来るだけVOC含有量の低いものを使用したいでしょう。確かにその量が低ければ低いほどより安全には間違いありませんが、何が入っているかにも要注意です。入っている物質によっては量が少なくても影響が大きいものもあります。人によってはラテックス、またはメチルイソチアゾリノンどちらかだけにアレルギー反応を起こすかもしれません。低VOCと書いてあってもそれが安全とは限らないのです。日本では重量30%以下の塗料に低VOC塗料と表示。ちなみに米国EPAでは5g/L以下のVOC商品は”ゼロ”VOCと表示可となっていますが、エコスのオーガニックペイントは0%も有害物質を含まない完全ゼロVOCです。 HAPPY PAINTING!

Read More