コラム一覧

コラム一覧

塗料や化学物質過敏症など最新の情報はこちらからご覧ください。

化学物質過敏症対応・予防商品 すぐに取り入れられる2つ

化学物質過敏症対応の商品とは? 「安全」を謳っている商品でも過敏症の方に安全といえるかは別なので注意が必要です。 法律で定められている安全基準をクリアしていても、有害物質がゼロではないケースが多々あります。 化学物質過敏症の原因となりうる主なもの 「化学物質過敏症サポーター 公式テキスト」より ・香料などを含む洗剤、柔軟剤、芳香剤、消臭剤などの日用品や化粧品 ・殺虫剤、除草剤、シロアリ駆除剤、虫除けスプレー、農薬 ・接着剤や塗料、住宅建材 ・食品添加物 ・排気ガス、暖房などの燃焼ガスなど ・野焼き ・タバコの煙 ・ディーゼル粉塵、排気ガス、大気汚染物質 上記原因を健常者でも避けることは大事です。化学物質過敏症になると効果的な治療はありません。発症しないように化学物質を健康なうちから避けて過剰摂取にならないように日頃から心がけましょう。 とはいえ日常生活で避けるのが難しいことも多いのが現実です。人の多い場所や日常生活に欠かせない買い物の際など、なるべく体内に化学物質を取り入れないようにする際に効果的なのが活性炭マスクです。活性炭の吸着特性を用いて原因となる物質をブロックします。 近年問題視されているのが、香料などを含む洗剤、柔軟剤です。 化学物質過敏症について知れば知るほどに大事だと思うのが洗剤です。毎日何度となく使うさまざまな洗剤、家の中にいくつありますか?その洗剤を何毛なく選んでいるとキッチン、お風呂、洗面所、床や衣類などから化学物質を吸収してしまうことになっているかも知れません。 そして家を出たとしても必ずあなたにくっついてくるのが洗濯用洗剤。体の大部分を覆う衣類は経皮吸収され、体温で温められ有害物質が揮発し上昇することで口や鼻から呼吸として体内に取り入れられます。近年問題になっているのが衣類用の洗剤や柔軟剤の香料から体調が悪くなる「香害」。最近の化学物質過敏症の原因の多くを占めると言われています。香りを続かせるためにマイクロカプセルを使ってわざと衣類に残存させ、長時間化学物質を放出し続けることで問題が深刻化しています。 では化学物質過敏症に対応する、もしくは対策となる洗剤商品は? 合成洗剤より合成化合物がかなり少ない、昔ながらの石けんを選びましょう。私はシャボン玉石けんのスノールを使っています。 https://www.shabon.com/shop/list/snol シャボン玉石けんはさまざまな洗剤が無添加で化学物質過敏症の方が利用しやすいように考えられています。もちろん予防になります。シャボン玉石けんのサイトにはかなり詳しく成分のことや香害について記載されています。一読されることをお勧めします! これはプロモーションテキストです。このテキストを変更するには、編集ボタンをクリックします。これはプロモーションテキストです。このテキストを変更するには、編集ボタンをクリックします。I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper ...

Read More

防カビ塗料の効果は?!防カビ剤の危険性

色は子供の発達に良い影響をもたらすと言われています。子供部屋にも色を取り入れてみませんか? ペンキで壁の色を変えるアイデアも!

Read More

初心者でも綺麗に簡単にできる!オーガニックペイントを使った塗装

初心者でも室内の壁の色を簡単に塗ることができます。 塗りたい壁が決まったら必要な道具などを揃えて準備するだけ。

Read More

低VOC塗料とVOCフリー塗料 

低VOCペイントとゼロVOCペイントの違いはわかりますか?低VOCなので安心して使えるというのは間違いです。低VOCでも低量の有害物質が入っているのです。

Read More

子供部屋にペンキで色を!色は子供の発達にいい刺激をもたらす?

色は子供の発達に良い影響をもたらすと言われています。子供部屋にも色を取り入れてみませんか? ペンキで壁の色を変えるアイデアも!

Read More

塗料の臭いはペットに悪影響?

特に塗ったばかりのペイントの臭いは人間でも気になる場合がありますが、ペットにはどのような影響があるのでしょうか。

Read More