妊娠中でも安全にペイントする7つのヒント

こんにちは

海外では生まれてくる赤ちゃんのための
ベビールームを出産前に用意しておくのがポピュラーです。
赤ちゃん用に別に一部屋とるというのは部屋数の違い、
習慣の違いもあるみたいです。が、海外のべビールーム(ナーサリールーム)の写真などを見ると本当に可愛くて癒されます

最近は日本でもベビーベッドをおくエリアを飾り付けしたり、
子供部屋をリフォームしたりする方がだいぶ増えてきたように思います。
それ用のペイントのお問い合わせもたくさんあります

生まれてくる赤ちゃんのためにいろいろ準備するのは楽しくてワクワクしますね。
ですが、そもそも妊娠中にペイントをしようするのは安全なのでしょうか?
ECOS社から配信されている
妊娠中に安全にペイントする7つのヒント
を紹介したいと思います(注 米国の情報ですですので日本の状況と合わない場合もあります)

1、鉛が入っていないことを確認する
鉛中毒を発生させる可能性があり、有害です。
胎児の脳に影響がある鉛が入っているペイントが使われた可能性のある
古い建物はそれを剥がしたりする際の破片、埃も危険です。
子供が舐めたりかじったりするような窓のサッシなども
注意して先にしらべることが大事です!

エコスオーガニックペイントに鉛は入っていませんので安心です。

2、安全塗料の使用
ほとんどの塗料にはVOC
(揮発性有機化合物 Volatile Organic Compounds)
と呼ばれる有害物質が入っています。これは使用している際にも
健康に被害をもたらし、長期間に渡って子供にも影響があります。
塗料だけでなく、家具やカーペットなどからもVOCは検出されます。
VOCの入っていないペイントを選ぶのが大事です。

エコスオーガニックペイントにはVOCは全く含まれていないので安心です。

3、動きやすい服装
ストレッチ素材で汗を吸い取りやすく、動きやすい服装で行いましょう。

4、場所をあけましょう。
ペイントする際にはその場所から全ての物を動かすのが理想です。
でも全て部屋の外に出すのが大変な場合はできるだけ場所を空け、つまづいたり
する可能性のある物は床から全てどけておきましょう。

5、ステップ台には乗らないように!妊娠中期、後期に入っている方は

バランスを崩しやすくなっています。高い場所を塗るときは助けてもらいましょう。

6、休憩をとる

全ての壁、まるまる一部屋ペイントするには時間がかかります。

休憩をとり、水分をとしながら、必要に応じてお昼寝もしましょう。

一つの壁は一気に塗ってしまうと綺麗な仕上がりになります。

7、窓を開ける

もちろん換気をしながらという理由もありますが、ペイントがきちんと乾燥する為にも

必要です。
ECOSのオーガニック塗料以外の塗料を使っている場合は、特にVOCを部屋から出す理由もあります。

エコスオーガニックペイントなら
妊娠中のお母さんや、お腹の赤ちゃん、小さい子供への悪影響のある成分は有りません。
(農薬すら不使用の成分で出来てます!)
いつでも、どなたでも安心してペイントを楽しんでいただけます🎵

HAPPY PAINTING!

 

You May Also Like

ペットにペンキは安全?ペットと暮らしながら安全に塗装する方法

海外発 おしゃれなインテリア探しとペンキ事情

黒板塗料 

オーガニックペイントとは