ペイント

こぼれたペイントをきれいにする方法

うまくいったDIYペイント塗装後の充実感はとても満足度が高いです。でもペイント中に思わぬところに付いてしまう場合があります。その取り除く方法をここで紹介したいと思います。 塗装のプロジェクトの完成度は前準備にかかっていると言っても過言ではありません。ペイント缶を開ける前から準備をしっかりしてください。 ー家具は壁から遠ざける、もしくは部屋から撤去してください。 ー部屋から出せない大型な家具などはプラスチックシートなどで覆ってください。 ー床を覆ってください。天井を塗装予定の場合は壁や窓を覆ってください。 *水性ベースやラテックスのペイントはオイルベースのペイントに比べて断然きれいに落ちやすいです。 木、タイル、ビニールの床にこぼれてしまっ場合はまずモップなどでできるだけ吸い取りましょう。その後は雑巾をぬるま湯、洗剤で綺麗に拭いてください。もしペイントが乾いてしまっている場合、素材によって対処方法が変わります。 無垢材の場合:低温のドライヤーを柔らかくなるまで当てます。その後優しく剥がしてください。 セラミックタイルの場合:熱湯とお酢を混ぜたものをかけてください コンクリートの床の場合:スクレーパーなどの剥がし機などを使用してください こぼれたらすぐに余分なペイントを布などで吸い取り除いてください。その後雑巾と洗剤の入ったぬるま湯で優しくトントン叩いて吸い取ってください。その際ゴシゴシと動かさないようにしてください。さらに内側に入り込む可能性があります。乾いたペイントも同じ方法で取り除いてください。カーペットの古いペンキ汚れは重曹とお酢の混ぜたものも有効的です。 ペイント後のブラシやローラーの洗浄もとても大事です。ブラシの洗浄はすぐに行ってください。水性ペイントで使ったブラシは石鹸と水できれいにする事ができます。   手などについてしまった場合はぬるま湯と石鹸などで洗い落としましょう。

Read More

カビの上からペイントしないほうがいい理由

マイホームのオーナーなら一度は経験していることだと思います。水回りや換気の悪い場所、湿気のたまりやすい場所などでカビが生えてしまったことありませんか?気になって取ろうとしたり、変色してしまった上からペイントを塗ってしまおうと思った事はありませんか? 実はペイントすべきでない理由があります。ぜひ参考にしてください。 。 室内だと温度や湿度が高く酸素や栄養分のある場所で繁殖していくとされています。 カビが発生しない環境を常に保つのが一番ですが、もしでききてしまった場合それが広範囲に渡っているとアレルギーの症状が出始める原因ともなります。 例えば、頭痛、咽頭痛、鼻水、くしゃみ、呼吸困難などです。 カビとは生きているものだからです。繁殖し続けます。ペイントでは繁殖を止めることができません。もしかしたら塗ることによってペイントが栄養分になり得るのです。カビがさらに繁殖することにより健康被害が心配されますし、不快感のある匂いも増してくるでしょう カビはすぐに害があるものではありません。しかしアレルギーのある人や敏感な人にとっては早めの対処が必要です。 専門家に相談してカビ取りを行う、もしくは乾燥させた上でゴシゴシと磨く、またはドラッグストアなどで手に入るカビキラーのような製品を使います。もしくはは家庭で水、漂白剤、重曹か酢を混ぜてDIYした液体で落とすことも可能です。作業中は必ず換気をしてください。 カビのできないような室内環境を保つことが再発防止の一番の対応法です。湿度や温度の調整、こまめな換気、ホコリなどない環境にしてください。 その後エコスの無臭で害のないペイントで塗装するといいでしょう。

Read More

ペイントに関して知っておくべき真実

ペイント(ペンキ、塗料)は私たちの生活の中いろいろな場所で使用され、ありとあらゆる表面が塗装されています。たくさんこれまでも使用されているので安全なものだろうと思われがちですがそれは間違いです。 ペイントに関して知っておいて欲しいことをまとめました。リノベーションやプロジェクトの際にできるだけ安全で健康に被害のない塗料を選んでいただく事をお勧めします。 皆さんはすでにペイントを舐めたり飲み込むことは危険と理解していると思います。でも実際に舐めたり食べたりしていなくても空気の中に有害物質が含まれているとそれを口に入れていることになるのです。従来のペイントには有害物質が入っており、そこから揮発する気体は有害です。含まれる化学物質の中には発がん性物質や発達神経毒性も含まれる物質もあります。 塗装した後のペイントの匂いは乾いて時間が経つにつれだんだんとなくなっていきます。でも匂いがしなくなったから有害物質ももう出ていないというわけではありません。塗料に含まれるVOCは新しく塗った壁からだけ揮発しているわけではなく、3~5年かけて揮発し続けます。 ”低VOC”、”ゼロVOC”と表示のあるペイントは確かに従来のペイントに比べて有害物質の含有量は少ないです。しかし安全であるとは言い切れないのです。VOCとしてみなされない物質や(例えばアンモニアやアセトンは有害物質ですがVOCとして分類されていません)、ベースとなる塗料にはVOCが含まれていないが顔料に含まれている場合もあるのです。その場合ゼロVOCと表示されている可能性があります。 スタンダードの高い厳しい検査機関でも含有量小さじ2(約50ppm)までの有害物質を認めています。しかし5ppmの有害物質量を曝露した場合でも将来的な健康被害となるのです。 エコスオーガニックペイントは完全に無害で、VOCとなる有害物質は一切含まれていません。このような製品を使用することによって健康を守ることができます。

Read More
リノベーション建物

リノベーションの際に気をつけるべき汚染源

空気汚染の原因は工場や車の排気ガスなどからと思いがちですが、家のリノベーションなどを行う際の建材等が原因となる場合もあります。 ここで紹介リノベーションの際に気をつけるべき汚染源を知り、できるだけ曝露を避けリスクを減らしましょう。 カーペットが汚染源となることが多く、理由は製造の過程で多くの化学物質が使用されるからです。そのVOCが揮発して空気中に拡散され吸ってしまうとアレルギー症状が悪化する可能性があります。 カーペット以外の床材の選択肢としてはコンクリート、再生木材、竹、コルク、ラミネートなどがあります。より少量のVOCを出し、ホコリやカビなどの汚染源を寄せつけにくいです。 以前は古い建物に断熱材として使われていたアスベストやホルムアルデヒドが危険とされていましたが、断熱材は塩素系化学薬品を使用しているものが多いのでこれも他の選択肢を検討すると良いでしょう。 羊毛ウール、アイシネン、セルロース、Thermacorkなどです。 . 古い塗料ーー1978年以前の塗料には鉛が入っている可能性があり、塗膜の有害性を調べ剥離時などに気をつけなくてはなりません。この場合は専門家に相談しましょう。 新しい塗料ーー鉛は規制されていますが、オイルベースのペイントには健康に有害なVOCが入っており、塗装後、乾いた後何週間もVOCが放出され続けます。VOCの全く入っていない水性のECOSオーガニックペイントが安全なのはそういう理由です。

Read More
カラーカード、リノベーション

アレルギー対応しながらリノベーションをするヒント

家はあなたと家族が安心して過ごせる場所であるべきですが、もしあなたや家族が 呼吸器の問題を抱えているとしましょう。”家”が健康を損なう役目を担っている場合も考えられます。室内の空気は屋外の空気より何倍も綺麗でないという研究結果も出ています。アレルギーがある人にとっては家の中よりも外にいる方が心地よい場合もあるのです。 VOCは家庭内の洗剤、建材、化粧品などの香料や化学物質など、日常品から揮発されています。これらが健康を損ねる理由となり得ることもあるのです。 これらの”製品”はVOCの含まれていない安全性の高いものに変えることができます。でも忘れないで欲しいのですが家のリノベーションそのものが問題となる場合もあります。 リノベーションをする際に解体するときに出る埃、残骸、化学物質などをできるだけ防ぐ準備をしましょう。解体エリアをプラスチックシートで閉鎖してください。また換気ダクトなどを通じて埃や残骸が循環しないように閉じておくといいでしょう。使用しない部屋(例:寝室や浴室)は閉めてテープを貼り塞ぐことをお勧めします。リノベーション中はできるだけ家の外にいる事で曝露を最低限に抑えられます。 リノベーション中の建物内ではマスクやゴーグルを着用し、できるだけ煙や帆腰を吸わないように気をつけることによりアレルギーを最低限に抑えることが可能です。VOCは身に見えないものですが必ず空気中にあり、吸い込む危険があります。着用した服にも付着します。定期的な洗濯をお勧めします。 花粉症などの対策で窓を開けるのはいいとは思えないかもしれませんが、実は空気循環のために良いことです。ただ、花粉の季節の朝5~10時は閉めておきましょう。また雨の降った後には窓を開けるようにしてください。できるだけ新鮮な空気を取り入れることが大事です。VOCの混じった残骸を吸い込まないようにするためです。 アレルギーフレンドリーなリノベーション(アレルギーフレンドリーな家)を作るには使用する素材が関わってきます。多くの建材は有害なVOCが含まれているからです。エコスのエアピュアペイント等を検討して使用してくれるコントラクターを見つけてください。カーペットではなくフローリングを取り入れたり、ペイントも従来のものではなく無臭で空気清浄機能付きも検討してください。

Read More
ベビー部屋

ベビー用の家具のペイントをする方法

ベビー用の家具のペイントをする方法 新しい家族が増えるのに向けて部屋の模様替えやDIYをお考えの方も多いと思います。 ベビーベッドやベビーチェアなどの家具を塗装したい方へこちらのブログをお届けします。 ベビー用の家具をペイントする際、仕上がりが一番気になると思いますが実用性も間変えて選ぶといいでしょう。まず、赤ちゃんに無害である塗料、耐久性があって汚れても綺麗にしやすいオーガニックのペイント(半艶セミグロスタイプ)がおすすめです。 ペイントカラーの選び方 何色に決めるかは好みやアイデア次第です。良し悪しの答えはつけられません!こちらでは 色による利点などを参考までに書いておきます。 白やベージュ:クリーンでニュートラル。どのような色とも合わせやすく、赤ちゃんが大きくなってもそのままの色で使え、または次の赤ちゃんにも”お下がり”できます。部屋全体に塗る場合、明るくなるので部屋が大きく見えるという利点も。 茶色や黒:茶色や黒もニュートラルの位置付けですのでどの色とも合わせやすいです。さらに濃い色はシミなどを隠しやすいという利点もあります。 壁と同色:壁と全く同じ色の家具を探すのは難しいものです。ですが壁の色に合わせて同じ色に塗ることはできます。 カラーホイールを参考に:カラーホイールを参考にすると、どの色が引き立たせる色かわかります。カラーホイールで選ぶ色(例えば壁の色)のちょうど反対側にある色を家具の色にすると色が引き立ちます。 <できるだけ早い時期から始めましょう>完全に乾くまで時間がかかります。もしVOCフリーでないペイントを選択した場合は塗装後何ヶ月もの間有害物質が出る可能性もあります。妊婦さんでしたら特に後期に重い家具などを動かすのは良くないでしょう。早めにプロジェクトを進めていきましょう。 <ペイント面の準備>もし元の塗装面が古くひび割れているなどの状態ならまずは剥がしましょう。表面の汚れや埃は綺麗にしておきましょう。その後やすりを軽くかけることで塗料が載りやすくなります。 <ペイント>綺麗に準備した家具にプライマーをペイントし、完全に乾いた後ペイントしてください。必要に応じて2度塗りをしてください。

Read More

ペイントの気泡を取り除く方法

ペイントの気泡を取り除く方法 ペイントを混ぜたとき、塗り終えて乾いた時にプツプツと空気が入って気泡になってしまうことがあります。その際の対処のヒントをまとめてみました。 気泡ができる原因としてペイントそのものではなく、環境によるものが多い時があります。 ー塗装面の汚れ ー高湿度の状態 ー表面のサンディングが不十分 ー水回りの問題 ー高気温 塗装前に十分に下準備をすることで気泡ができてしまう問題を回避できます。塗装面を洗浄、乾燥し、高気温の日の塗装は避けましょう。 ペイント攪拌:ペイントをトレイに注ぐと気泡があるのに気づくことがあります。水よりも粘着性のあるのが塗料ですが、混ぜたり振ることにより気泡が缶の中で発生します。攪拌するときは攪拌用の木のスティックを使い一定のペースでかき混ぜましょう。ドリルを使うときは低設定にしてください。 次の塗装前に乾いていることを確認:ペイントは1度塗り以上することで発色が綺麗で耐久性のあるものになります。しかし急いで2度目を塗るのは避け、完全に乾いたかどうか確認してください。水分を閉じ込めてしまうとそれが後から気泡として残る場合があります。 ペイントの補修:ほとんどの場合、気泡が現れるのはペイント塗装が終わり乾いた後です。このような気泡はいずれ弾け、割れ目となってしまします。以下の方法で補修が可能です。 1,スクレーパーで気泡の出来たあたりのペイントを取り除く 2,サンディング 3,汚れを綺麗にし完全に乾かす 4,新たにプライマーを塗り完全に乾かす 5,ペイントを塗る

Read More