保育施設でのチョークボード導入事例

先日、幼児の城の日比野社長に誘って頂いて、

九州建築作品発表会の公開プレゼンテーションに行ってきました。

image

image

チョークボードを使っていただいている3つの園の発表は
見ているだけの私も力が入っちゃいます。

{7C20BE6E-AB3C-4880-B809-95DF41F756DA:01}

小浜こども園

https://obama-kodomoen.jp/architecture 園のHPで黒板コーナーが紹介されています

https://www.japandesign.ne.jp/space/obama-kodomoen/

子どもたちの遊びが自然に誘発される園舎

第一幼稚園

http://youji-no-shiro.hibinosekkei.com/?eid=1033644

https://tabi-labo.com/147278/new-preschool

はなぞのこどもえん

その土地にふさわしいデザインを随所に

動画を使ってのプレゼンは、
建築の意図や思いと幼児の動きが繋がっていることがよくわかりました。
チョークボードを使っている姿を動画で見られたのも感動

毎朝登園した子供がチョークボードで遊び、
時間までに自分たちで消して片付けを自主的にやっている、
というエピソードが心に残りました。
大事に使ってもらえてる黒板、本当に嬉しい

身体を養うことを意図して設計された園では身体能力が全国平均を大きく上回っているデータが出ていたり、のびのび過ごしている様子を見て
建築、環境というのは大切なんだなぁと改めて思い、園児を羨ましく思いました。

You May Also Like

ペットにペンキは安全?ペットと暮らしながら安全に塗装する方法

海外発 おしゃれなインテリア探しとペンキ事情

黒板塗料 

オーガニックペイントとは