ニューヨークでみたペイント

今年の夏は久しぶりに海外、ニューヨークへ。 塗料を取扱いしだしてからは初めてのアメリカ。 私たちがチョークボードを輸入しているのもアメリカで ペイントの文化が日本とは違う、と良く聞くのですが 行ってみるとなるほど塗装だらけ。 古い建物をリノベーションして使うからという事もあるんでしょうね。 壁や天井の内装、ビルの外装やドアなどほとんどが塗装されているのですが 中でもペイントアートが印象に残りました。 チェルシーマーケットの壁 http://www.chelseamarket.com/ リトルイタリーからソーホーに歩いていた所に ビーがンのカップケーキ屋さん、Babycakes NYCに行った時に 近くで工事していたコーヒー屋さん ガラス越しに撮っていい?とジェスチャーで聞いたらウインクで答えてくれました。 ハンドライティングでこんなにきれいに書けるなんて。 ランチに入ったタイ料理レストランの壁。 トムヤムクン(海老のスープ)付きのメニューを選んだのに トムヤムガイ(鶏肉のスープ) がしれっと出て来た、なんちゃってタイフードレストラン。 そしてこの絵は桜だそう。 他にもいたるところにペイントで色んな絵が描かれていました。 おまけ わ~、壁紙のサンプルがこんなに捨てられそうになってる!と 覗いていたら現役バリバリで営業していたリフォーム屋さん。 ウインドウがこの状態でその奥も道具が散らかってました。 iPhoneからの投稿

Read More