カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Q&A よくある質問

Q 何に塗装するのがよいですか?

A  平滑で硬い素材に塗装すると黒板としてより使い易くなります。

良く使われるベニヤ板を例に上げると、ラワンよりシナが表面が平滑でお薦めです。平滑で硬いものをお選び下さい。


Q ベニヤ板に塗装できますか?

A  木材全般に塗装出来ます。

木目の細かい平滑な物をお勧めします。ラワンベニヤよりシナベニヤ、シナベニヤよりMDFといった具合です。

ベニヤ塗装の下準備は、約50度のお湯を刷毛で板に塗って乾燥させ(木の繊維を立たせ)240番のサンドペーパーを逆目にかけて表面を整えます。(木の繊維を取り除く)その後Ecosユニバーサルプライマーで下地塗装(アク止、吸込み止)をお勧めします。ラフな仕上りのお好みや木材の状態により直接塗装でもそれなりに黒板になります。

ベニヤは接着剤を使った合板です。有害物質が気になる場合はEcosオーガニックMDFパッシベーティングプライマーを使うと有害物質を99%中和させる事が出来ます。木材表面を整える機能もありますので下地はEcosオーガニックMDFパッシベーティングプライマーのみで下地は完了です。ユニバーサルプライマーと両方使う必要はありません。


Q 石膏ボードに塗装できますか?

A 出来ます。 

Ecosユニバーサルプライマーを下地塗装し吸込みを止めてチョークボードペイントを塗装すると、耐久性も上がり仕上りの良いチョークボードになります。石膏ボードの有害物質が気になる場合はEcosオーガニックMDFパッシベーティングプライマーを使うと有害物質を99%中和させる事が出来ます。石膏ボード表面を整える機能もありますので下地はEcosオーガニックMDFパッシベーティングプライマーのみで大丈夫です。

《注意点》塗装で石膏ボードの強度は変わりません。硬い物をぶつけるとへこみ易い性質はそのままです。

《注意点》石膏ボードの表面は紙なので、書き消しして擦っているうちに紙が劣化する恐れがあります。使用頻度の高い黒板にされる場合はご注意下さい。


Q パテ処理はした方がよいですか?

A  凸凹や継ぎ目が気になるようでしたら平滑にした方が使い易い黒板になります。

 ベニヤや石膏ボードを繋いだ場合やビスを打った所はパテ処理した方が滑らかな黒板になります。パテをよく乾かした後に塗装して下さい。水性塗料が塗装出来るパテを使う事をお勧めします。


Q パテ処理した所とチョークボードペイントの相性が心配です。

A パテ処理専用のプライマーを使って下さい。

 パテは多種の化学物質が含まれているものが多く、その一部が反応し、塗膜がひび割れたり、剥がれる等上手く塗装出来ない事があります。このリスクを避ける為にEcosオーガニックフィラーシーラーを使って下さい。

水性塗料が塗装できるパテを使った場合はフィラーシーラーは必要無く、ユニバーサルプライマーが使えます。

パテ部分のみEcosオーガニックフィラーシーラを使い、その他部分にユニバーサルプライマーを使う事が出来ます。(手間はかかりますがプライマーのコストは抑えられるかも)

フィラーシーラを全面に下地塗装も可能。パテと塗料の密着を高めると同時に木材や石膏ボードの表面を整える事も出来ます。(プライマーのコストは上がりますが1度の下塗りで済みます)



Q 壁紙に塗装できますか?

A 一般的なビニールクロスに直接塗装出来ます。

油分や汚れを落としてから塗装して下さい。汚れが残るクロスにはEcosユニバーサルプライマーを下地塗装して下さい。時間の経過による汚れ浮きを防ぎます。防汚加工のされたクロスは塗料を弾きますので直接塗装出来ません。

《注意点》和紙のクロスや紙の襖などはお薦めしません。

《注意点》クロスの凹凸はそのまま拾いますので凸凹の黒板が出来ます。それなりにチョークでかき消し出来ます。


Q ツルツルしたものに塗装する場合は?

A 下地(プライマー)塗装やサンディングすることで可能です。

よくお問い合わせ頂くのは冷蔵庫や建具、キッチンの棚扉などです。多くの場合、汚れにくいように表面が加工されていますので、サンドペーパーで表面を粗し、ユニバーサルプライマーを下地塗装してチョークボードペイントを塗装して下さい。



Q マグネットの付く黒板にする方法は?

A マグネットの付く物に塗装して下さい。

良く使われているものの例です。

●鉄板 Ecosユニバーサルプライマーで下地塗装。錆止め効果もあります。事前に300番前後のサンドペーパーで表面を粗すのもお薦め。

サンドペーパーで表面を粗す→ユニバーサルプライマーを下塗り(1度塗り)→チョークボードペイント(2度塗り)


●マグネットクロス 各クロスメーカーよりマグネットの付くクロス(壁紙)が出ています。マグネットクロスに直接もしくはユニバーサルプライマーを下塗り後塗装します。数種の柄(凹凸)がありますので平滑な模様をお勧めします。


●マグネットペイント 当店でも販売しているマグネットボードが出来る塗料(水性塗料)です。

オーガニックではありませんが低VOCでフォースター取得製品です。

およそ3〜4度塗りでの仕上げです。使用用途により塗装量、塗装回数を決めて下さい。鉄粉の入った塗料でざらつきのある表面になりやすいので、平滑な仕上げをするのがコツです。説明書にあるように、コテ仕上げやゴムベラ仕上げが有効です。マグペイント塗装面は塗料の吸いが良いため、プライマーで吸いを止めてからチョークボードペイントを塗装して下さい。マグペイントは濃いグレーなので、プライマーを入れる事でチョークボードの発色が良くなる効果もあります。

マグペイントを良く乾かしてからの塗装になりますので2日以上日程を見ておいて下さい。

プライマー(マグペイント用に1度塗)→マグペイント×必要回数→(ここで1晩おくと良いです)プライマー(チョークボードペイント用に1〜2度。白い塗膜になるのが目安)→チョークボードペイント(2度塗り)


●ホワイトボード サンドペーパーで粗し、ユニバーサルプライマーを下塗塗装してチョークボードペイントを塗装。


Q 塗装を剥がすことはできますか?

A 難しいです。


Q 将来、汚れたり違う色にしたい場合は再度塗装できますか?

A   上から再塗装可能です。

汚れ、油分や埃等はきれいにしてから塗装して下さい。

濃い色を塗ってある場合、上から塗る色の発色が暗くなったり悪くなる場合があります。その場合はユニバーサルプライマーを塗装するときれいに発色します。


Q 既に塗装された所に塗装できますか?

A  塗装できます。

水性塗料、油性塗料どちらでも完全に乾いた塗装の上であれば、Ecosオーガニックチョークボードペイントを直接塗装出来ます。油分や埃等の汚れはきれいにしてから塗装して下さい。汚れがひどい場合はユニバーサルプライマーを下塗りすると汚れ浮きが防げます。


Q どんなチョークが使えますか?

A 焼き石膏製のチョークが好ましいです。

いわゆる普通のチョークの使用が可能です。塗装の状態や、チョークの色等により消し難いものもありますので目立たない所で試してからお使い下さい。跡が残ったり粉が多い場合は水ぶきして下さい。塗装乾燥後はスポンジ等で擦ったり住居用洗剤を使ってきれいにすることも出来ます。

ダストレスチョークの白は使用可能です。ダストレスチョークの色付きチョークは色により消えにくいようです。


Q 屋外で使えますか?

Q 室内用です。

屋外での使用に耐える塗料ではありません。看板等、屋外で使っていただくケースもありますが劣化は早くなります。劣化は環境に大きく左右され、直射日光や雨、汚れを避けられる方が長持ちします。塗装する素材が屋外に置いて置く事により劣化すると塗膜の劣化が早まります。屋外で、と言う場合はなるべく室内に近い環境でご利用頂く事をお勧めします。 

グリーンエレファント エコスオーガニックチョークボードペイント http://www.greenelephantco.com/